赤腹ちりめん(あかはら)ってどんなちりめん??

 

「ちりめん」といえば
今の時期新ものが出揃ってきていますが

 

こんなちりめんを
たまにみたことないですか??

お腹の赤くなっている
「赤腹ちりめん」(あかはら)
っていうんだけど

なんで赤くなってるか知ってる??

 

なぜ赤腹ちりめんの
お腹は赤いのか??

 

ちりめんは魚なので
赤ちゃんがお腹にいるわけでは
ありません

 

魚は卵からうまれるからね〜

 

あっ!!ちなみにちりめんって
イワシの子なんですが
イワシの子って他の魚から身を守るために
透き通ってるんです

 

透き通ったイワシを乾燥させて
ちりめんにするんですが
お腹が赤いのは
その子が食べたものが赤いから

 

エビ系プランクトンを
多く食べてるんだよね〜

エビ系プランクトンには
色素成分の「アスタキサンチン」が
お腹の部分にたまるため
「お腹が赤く」見えるんです!!

 

なので通常のお腹の白いものよりも
赤腹の方が
旨味成分が数倍も含まれてるから
店頭で見つけたらラッキーですよ♪

 

「いずの」の直営店も
音戸ちりめんが
赤腹のものを入荷中♪

 

ちなみに
お客様によく質問をいただくのが

 

ちりめん竹輪ってどんな竹輪??

 

ちりめん竹輪とは

 

 

音戸ちりめんと磯の香り溢れる青のりが
竹輪の中に混ぜ込んであるのが
ちりめん竹輪

 

ビールに最高に合うんだYO!!

 

練りものコンシェルジュ
「いずえり」こと出野恵梨でした

  • にほんブログ村 通販ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)