器の大きさがその名の由来となった、広島県の内陸部で食べられる煮物料理は?

 

毎日朝起きたら必ずチェックするのが
Google analytics

 

毎日どのくらいのページビューで
何人の方が
見てくださってるのを確認するのと

 

一番注目してみているのが
どういう検索ワードで
たどり着いていただいているのか

 

だいたいキーワードで
広島 穴子
広島 手土産

 

と検索いただいてることが多いのですが
驚いたのが今日のタイトルにつけた

 

器の大きさがその名の由来となった
広島県の内陸部で食べられる煮物料理は?

 

クイズの問題みたいな
検索ワードですね 💡

 

さて、あなたは
この答えわかりますか??

 

 

 

ヒントは会席・懐石料理の
コース中頃で出されるあれと同じ名前

 

 

 

 

答えは

 

 

 

八寸(はっすん)

 

 

はっすんとは??

 

会席料理の場合だと

 

酒の肴になる料理を
少量ずつ一皿にまとめたものを
八寸といいます

 

懐石料理の場合だと

 

八寸という杉木製の器に
盛られた料理のこと

 

そして広島の郷土料理として食べられる
煮物も八寸

 

わたしの実家は沿岸部の広島市草津ですが
母が嫁いできた時に
祖母から教わり
秋祭りのときに炊いていたと
聞きましたよ♪

広島の郷土料理【八寸】はっすんとは??

 

草津はかまぼこ屋の多い町なので
八寸にも必ず揚げ半が入っています

 

揚げ半がさらに煮汁を吸って
ほわほわ柔らかくて
美味なんだよ〜♪

 

えびと野菜がたっぷり入ってる
この揚げ半を入れるのが
大好き!!

練りものコンシェルジュ
「いずえり」こと出野恵梨でした

  • にほんブログ村 通販ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)