宮島・厳島神社でかまぼこの献上祭

 

お祭りの時期といえば
夏と秋のイメージが
ありませんか??

 

なぜこの時期に
お祭りが多いかというと

日本では古来より
稲作が盛んな土地

神様にお米の新穀をお供えして
感謝をするんですね

 

そんなことから秋祭りというのは
お米の取れる10月に行われることが
多いようです

 

広島のかまぼこ共同組合も本日

宮島・厳島神社で
かまぼこの献上祭を
行わせていただきました

 

数名険しい顔をしているのは
太陽がめちゃくちゃ
眩しかったからだそう笑

 

わたくしたちは
かまぼこメーカーですので

 

かまぼこ業界の発展を祈念し
原料となる【魚】への
感謝の意を表すために


毎年献上祭を
行わせていただいています

 

大変厳かな雰囲気の中
雅楽の演奏とともに

 

組合の代表者が
各社の商品を奉納

魚の命をいただいて
かまぼこづくりを
させていただいていること

 

このことに敬意と感謝を表し
これからもかまぼこづくりに
精進してまいります

練りものコンシェルジュ
「いずえり」こと出野恵梨でした 💡 

  • にほんブログ村 通販ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)