広島・草津といえば「けんか神輿」

 

秋祭りのシーズン!

わたしの地元・草津でも
氏神様である草津八幡宮さんの秋祭りが
今週末に行われるということで
各家の前に榊などが飾られ
お祭りムード満載です♪

獅子舞が各家を周ったり
お神輿が出たりと
賑やかな雰囲気

 

昔は草津のお祭りといえば

 

けんか神輿が有名でしたねぇ〜

 

 

草津は古くから水運の便に恵まれ
魚市場ができ
漁業を中心に栄えて来た町

 

神輿を担いで町中を練り歩く際に
所々で神輿どうしを激しくぶっつけるのが
けんか神輿!!

 

わたしがまだ幼かった25年前などは
威勢の良い男性達がふんどしを締めて
うおりゃーーーーーっと
神輿どうしをぶつけ合っていた様子を
鮮明に思い出します

 

うちの職人さんなども
ふんどしをはいて
威勢良く神輿をぶつけていた様を

幼心に覚えていますね

 

いつもニコニコ優しい職人さんが
勇ましく担いでる様を見て
そのギャップに驚いたものです 😎 

 

そんな広島・草津の地は

 

昔から漁港や船着場
があったことから

 

港町として栄えていたんです 💡 

 

かまぼこの原材料って魚でしょ??

そんな水産の町【草津】は
かまぼこの町として

 

よく知られています 😆 

そもそもかまぼこは
冷蔵庫や車など無い時代に

 

魚を長期保存するために
考えられた食品です 💡 

 

魚の身をすりつぶして
塩を加え味付けして
蒸す

つまりかまぼこは
白身魚の蒸し料理

 

生魚より日持ちのする
練りものにすることで


魚をすてることなく
日持ちのする食品へ
変身させたことがはじまり
とも言われています 😎 

 

いずの水産も
大正12年に広島・草津のかまぼこ屋
として創業して以来

 

日々妥協のない練りものづくりに
励んでいます 💡 

 

練りものコンシェルジュ
「いずえり」こと出野恵梨でした 💡 

  • にほんブログ村 通販ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)