あなごの旬っていつ?美味しいあなごの見分け方は?

 

昨日はうなぎを食べた方も
多かったのではないでしょうか?
【土用の丑の日】

そう!うなぎを食べて
英気を養いましょうというあれ!

 

スーパーでも百貨店でも
飲食店でもうなぎ一色でしたね 😎 

 

でもねみなさん知ってた?
うなぎの旬って冬なんですよね

 

じゃあなんで夏の土用の日は
うなぎを食べる習慣になったのか?

 

有名な話なので
ご存知の方の方が多いと思います

そうです!
有力な説は
平賀源内(ひらがげんない)が

 

江戸時代に
ウナギが売れなくて困っていた
ウナギ屋にしたアドバイス

 

「丑の日にちなんで
『う』から始まる

食べ物を食べると夏負けしない」

 

という風習があったことから
本日丑の日という張り紙を
店に貼りなさい


とアドバイスをし

その張り紙の効果でウナギ屋は
大繁盛になったのが始まり 💡 

 

うなぎとよく比較される
【あなご】ですが

実はあなごの旬とされてるのは
まさに今の時期

 

そして冬の寒い時期

 

なぜ2回も旬があるの??
というと

 

一般的に魚は
もっとも脂が乗っている時期が旬

 

だけどアナゴは
淡白な味わいが好まれる魚なので
さっぱりと食べられる夏場が旬

そして脂ののってる冬場も
もちろん旬なんです 😎 

 

最後においしいあなごの見分け方を

 

まずは身が白く厚く
においの少ないもの

選んでください

 

さばく前のアナゴなら
身にぬめりがあるものも
新鮮な証拠!!

 

みなさんがあなごを見るときは
すでに捌かれて焼かれてると
思うので

 

身の色が分からず
見分けるのが
少し難しいかもしれません

そんなときは
なるべく身のふっくらとしたもの
を選ぶ
GOOD♪

 

練りものコンシェルジュ
「いずえり」こと出野恵梨でした 💡 

  • にほんブログ村 通販ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)