江戸前・明石・広島・長崎~あなごの名産地ってどこ?~

 

地形が関係あるんです!

 

練りものコンシェルジュ
「いずえり」こと出野恵梨です 💡 

 

有名な博多のおみやげといえば
「とおりもん」「めんべい」!

 

何度もらってもうれしいお土産の
代表ですよね 😆 

 

昨日ね こんな「めんべい」を
福岡からいつもきてくださる方から
いただいたんです 💡 

 

あなごめんべい

 

【あなごめんべい】

 

あなごといえばうちにぴったり 😎
ということでわざわざもってきて
くださったんです♪♪

 

ところで

 

みなさん
気になったことありませんか?

 

【あなご】の名産地って全国に
何か所かあるよね?

 

江戸前・明石・堺(大阪)・広島・長崎
いったいどこが本場なの~??

 

あなごを焼いている

 

あなごが有名な場所の海って
共通の特徴があって

 

●海が浅い
●海の底が泥地
●商人の行き来が多かった場所

 

この条件がそろう場所が
あなごの名産地になっていったんです 😆 

 

でもね

 

同じあなごでも
処理の仕方や焼き方味付けの仕方が
場所によって全然違うんです!

 

江戸前のあなごは煮あなご

 

煮あなご

 

少し甘めの醤油の味わいが
あなごに染み込んで
口に入れるとほろっとくずれます 😆 

 

そして
広島のあなごはなんといっても
【焼きあなご】

 

焼きあなご

 

ぱりっと香ばしいのが特徴ですね 😆 

 

「いずの」のあなごはさばいたものを
まずは白焼きに焼き上げます!

 

あなごの白焼きを職人が焼いている

 

火が通ったところで
今度は自家製のタレをつけながら
じっくり蒲焼にしていくんです 😉 

 

あなごをタレにつける

 

時間をしっかりかけ
丁寧に焼き上げることによって

 

臭みが一切ない
香ばしいあなごが焼きあがるんです 😆 

 

そのあなごを
ぷりっと歯ごたえのあるかまぼこに
のせたのが
あなご蒲鉾

 

あなごかまぼこ

 

かまぼこと合わせることによって
あなごめしとはまた一味違った

 

【歯ごたえ】
を楽しめるのが
あなご蒲鉾の良いところ 😉 

 

12mmと少し厚めに切って食べると
かまぼこのぷりっとした歯ごたえと
あなごの旨みを存分に楽しめます 😆 

 

練りものコンシェルジュ
いずえりでした

 

あなご竹輪
「上質な竹輪ほど
その美味しさが際立ちます」

広島土産あなご竹輪

あなご蒲鉾
「あなごの香ばしさと
ぷりんっと喉越しの良い蒲鉾」

広島のあなごかまぼこ

広島がんす
「クセになる味!」

広島がんす

お問い合わせ電話

お問い合わせメール

  • にほんブログ村 通販ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)