広島にちりめんの季節がやってきました

 

広島のちりめん漁が解禁された
ということで

 

連日メディアでも
取り上げられてますね 😆 

 

ちりめん漁をしても良い時期
というのが
定められていて

 

いわゆる広島のちりめん漁が
解禁される
今の時期には

 

新ものが出回り始める時期

 

まだ
ちりめん漁が始まったばかりなので

 

店頭に出回り始めるのは
もう少ししてからかな?

新もののちりめんといえば

 

ソフトな食感で磯の香りが
ひときわ際立っているので

 

お醤油など調味料をつけずに
そのまま食べるのが
一番美味しいですね 💡 

 

そして広島で有名な
ちりめんといえば

【音戸ちりめん】

 

そして最近メディアに
ひっぱりだこなのが

【倉橋島のちりめん】

 

そもそも音戸ちりめんとは
広島県呉市にある音戸という場所で
獲れたちりめんのことを指します

ここで獲れたちりめんしか
音戸ちりめんと
名乗ってはいけないのです!!

 

広島のお土産でも大人気で
お土産やさんに行くと必ず
音戸ちりめんコーナーが
ありますよね 😆 

 

実はいずのでつくっている
ちりめん竹輪に使っているのも

 

この音戸ちりめんなんです

しかも音戸ちりめんの中でも
特選という
ランクの上のものを使用しています

 

この音戸ちりめんと青のりを
新鮮な白身魚でつくったすり身に
混ぜて
丹念に焼き上げたのが
ちりめん竹輪

封を開けると
青のりの磯の香りが
ふわっとたちこめ

 

一口がぶりっとかぶりつくと
しなやかな音戸ちりめんが
食感の良いアクセント

 

ビールがくいくいすすむ一品です

 

練りものコンシェルジュ
「いずえり」こと出野恵梨でした 💡 

  • にほんブログ村 通販ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)