広島市の学校給食に郷土料理としてがんすが!

 

【学校給食】と聞くと
どんなことを思い出しますか??

 

好きだったメニューや
給食当番ってあったなぁ〜
なんて会話をたまにすることって
ありますよね 😆 

 

わたし自身の学校給食を思い出すと
好きだったメニュー以上に覚えていること

 

母校である広島市草津小学校は
当時学校の中にあった給食室で
給食がつくられていました
※在校中のお話

 

普段家では見ない
とてつもなく大きな鍋にしゃもじで
お味噌汁をつくってくれている

 

給食をつくっている時間帯なので
10時とかそのぐらいの時間帯でしょう

 

窓から部屋の中に光が差し込んみ
フェルメールの絵画のように
やわらかい雰囲気の情景を
【学校給食】と聞けば思い出します

 

好きなメニューはあまり覚えていません笑
多分カレーやラーメンといった
他の子どもにも人気のあったものが
好きだったんでしょう!!

 

なぜ学校給食の話を
今日は書いているかというと

 

最近の学校給食では
その土地の郷土料理を食べよう!!
という企画があるらしく

 

どうやら
今日の広島市のある地域の学校では

郷土料理として
「がんす」が学校給食で出たみたいなの♪

 

戦前から食べられている
広島のがんす

 

地元の食材として
地元の学校で食べられているのは
嬉しいですね〜

 

地元のかまぼこ屋が
さまざまながんすを製造販売しているので
ぜひお店で見かけたら
食べてみてほしいよ♪

出野水産のがんすを
今の時点でお買い求めいただけるのは
広島駅ekie内の
「いずの」のお店

当日揚げたがんすを
お楽しみいただけます♪

 

練りものコンシェルジュ
「いずえり」こと出野恵梨でした

  • にほんブログ村 通販ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)