かまぼこの起源

 

この植物の名前って
なんだか知ってる??

 

実物を見たことある方は
少ないんじゃないかな??↓↓

この植物は
蒲の穂/がまのほ
と言います

 

実はこの植物とかまぼこには
大きな関係があるのを
知ってますか??

 

蒲の穂とかまぼこの関係

 

かまぼこが文献に初めて出てきたのが
平安時代の歴史書

 

類聚雑要書(るいじゅうぞうようしょ)
という歴史書に
かまぼこという記述が初めて出てきます

 

この当時の蒲鉾
実は私たちが想像する
板についてるものではなく

 

すり身を棒に巻いたり
鉾(ホコ)の先につけて焼いた
竹輪のようなものだったのです

 

この竹輪のようなかたちが
植物の蒲の穂にとても似ていることから

 

「がまほこ(蒲鉾)」と
呼ばれるようになり

今日のかまぼこになったと
考えられているんです 💡 

 

↓蒲の穂

 

う〜〜ん
見れば見るほど竹輪にそっくりですよね!

 

練りものコンシェルジュ
「いずえり」こと出野恵梨でした 💡 

  • にほんブログ村 通販ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)