かまぼこが広く愛されるようになったのは江戸時代

江戸時代のかまぼこ事情

 

そもそもかまぼこは
今から約900年前の
平安時代からたべられていたことが
分かっています

当時のかまぼこは
高貴な位の方が
宴の際に食べる
超高級品!!

 

この超高級品だったかまぼこが
一般庶民の間でも
親しまれるようになったのが

 

江戸時代ってわけ

 

その証拠に
江戸時代当時
おもしろ人気コメディー書物として
爆発的な人気を持っていた

 

【東海道中膝栗毛】
とうかいどうちゅうひざくりげ

 

これは現代の映画でも題材となる
弥次さん喜多さんの話!

 

2人が厄落としに
伊勢参りに向かう話を
おもしろおかしく書いた物語ね

 

この江戸時代のお笑い書物にも
かまぼこは登場してるの!!

 

内容をわたし流に意訳すると
(いまでいう)居酒屋的で
かまぼこ食べながら酒のんだぞーーー☺️☺️☺️

 

つまり現在私たちが
居酒屋に行ったら
まず枝豆とか唐揚げとか
定番で食べる一品のように

 

江戸時代当時は
酒飲むといったら
まずはかまぼこでしょ!!

 

っていうノリで
広くみんなに愛されていた食べ物なんです!

 

だからいま現在でも
酒(日本酒) といえば
まずかまぼこ(板わさ)を
連想する人がおおいはず

味がよくなければ
そもそも広くみなさんに愛されない
ごく当たり前な流れの中で

 

長年にわたり
みなさんに愛されてきているかまぼこ

 

これから次の世代にも
愛してもらい続けるために!!

 

味のいい
そして体にもいいかまぼこを
出野水産はつくり続けます!

 

練りものコンシェルジュ
「いずえり」こと出野恵梨でした

  • にほんブログ村 通販ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)