きっかけのひとつになる

 

先日ある方と
某有名フレンチのビストロに
行った時のこと

 

そのお店の創業者は
今月公開の映画の
主人公になるほどの
超有名店

 

ビストロとはいえ
クラシックな空間に
少し緊張してたら

※ビストロとは
気軽なレストランって意味

 

わたしたちのテーブルを
担当してくださった方が

 

紳士なんだけども
ものすごくアットホームで
フランクなサービスを
してくださったんです!!!

 

そのサービスの方の茶目っ気さに
少し緊張してたわたしのお腹も
ほっこりほぐれ

 

ステキな食事と弾む会話
そして居心地の良い空間を
楽しむことができました 😆 

 

一緒に行った女性の方は
フランスとイギリスで

料理を学び
いまは日本で食品の貿易を営む方 💡 

 

その方にもわたしの様子が
ほぐれたのが伝わったようで

 

フランスでも2つ星3つ星の
つくお店って

とても緊張すると思うじゃない?

もちろんそういうお店も
あるんだけども

真の3つ星のお店は
今日のお店のように
サービスの方が場を和ませてくれて
心もお腹も満たされるのよ

 

と教えてくれました 💡 

 

食事を楽しむためには
雰囲気づくりが心底大事なことを
体験できましたね

 

かまぼこにも同じことが言えます

 

高い技術とよい原材料で
かまぼこをつくっていれば

 

当然みんなが
それを理解してくれると

思ってしまっているふしが
少なからずあると
わたしは思っています

 

高い技術と良い原材料で
つくるのは当たり前
の話で

 

どんな食事シーンに合うかな?
手土産でもっていったときに
相手はどんなリアクションを
してくれるかな?

 

等といった
その場の雰囲気を楽しむための
きっかけのひとつがかまぼこである

 

もちろんわたしたちかまぼこ屋は
おいしくて体に良いものを
つくるのは
大前提の話

 

そこからさらに
わたしたちが真に追求することは

 

「きっかけとしてのかまぼこ」

 

このことではないのだろうか?
と考える今日この頃です

 

練りものコンシェルジュ
「いずえり」こと出野恵梨でした 💡 

  • にほんブログ村 通販ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)