三つ子の魂百まで

 

昨日はうちの相談役が
いずのへ嫁いできた当時の様子を
話してもらいました↓

今から約60年前昭和30年ごろの話

 

そこから約30年後の平成元年に
あなご竹輪が誕生します↓

あなご竹輪誕生物語 ~eps1〜

当時わたくしいずえりは
2、3歳

 

出野の家は家族総出で仕事ですから
いずえりの面倒を見る人がいません

 

なので繁忙期になると
わたしは母親の実家で
面倒を見てもらってたんです

 

今でも鮮明に覚えてることがあって

 

出野での遊び場は
工場のすみっこで工作

 

母親の実家での遊び場は
写真を現像する暗室

当時母親の実家は写真屋さんで
母方の祖父も叔父もカメラマン

 

祖父が暗室で
写真を現像してる様子を

わくわくしながら見ていたのを
今でもよく覚えています 💡 

 

薄暗い赤い光で包まれた
ひんやりした部屋

ツンっと鼻をつく現像液のにおい

 

暗室の中にはロープに写真が
たくさん吊るされてて

真っ白だった写真を
現像液につけると
色がぶわっと浮かび上がる

 

15年後大学生になり入ってみたのが
グルメサークルと写真部

 

その当時はなにも考えずに
友達に誘われてたまたま入った
サークルと部活だったけど

 

今考えてると食と写真って
2つともわたしの幼少期に
身近にあったもので

おもしろいなぁ〜と原体験をした2つ

 

三つ子の魂百まで
とことわざにもあるけど

ほんとうにそうなのかもしれない 💡 

 

三つ子の魂百までといえば

 

「味覚」は3歳までに
基礎がつくりあげられると
言われています

 

3歳までの食経験って
その子の一生の味覚を
左右するんです

 

もちろん大人になってからも
味覚は正すことはできるので
ご安心を☆

 

「甘味」「塩味」「酸味」「苦味」「うま味」
これらが人間が区別する味の種類

 

人間が生きていくために
味覚が必要なのは

以下のことを知るためといった
明確な理由があるんです

 

甘味はエネルギー源である糖

塩見は体内に必要不可欠なミネラル

酸味は腐敗

苦味は毒

うま味は体づくりに必須のタンパク質

 

上記の理由があって
人間の舌は味の区別が
必要ではあるんだけど

 

わたしが思うのは
楽しく幸せに生きていくのに
より多くの種類の味を「おいしい」と感じることができたら

 

より人生が楽しいから
自分の舌・味覚には
気を配っています 💡 

 

だからタバコも吸わないし
カロリー0商品も口にしない
他にも細々気をつけてることがあるの

 

「おいしい」って感覚は

 

ひとそれぞれ物差しを持っていて
その人次第なところはあるんだけど

 

家族や友達といった大切な人たちと
楽しくておいしい時間って
1日でも半年でも長く続くことを
願うじゃない??

 

そのためにはやっぱり
元気で長生きすることが
必要不可欠なわけよ!!!

 

そんで
やっぱり食べるものが
人間の体をつくってくれてる
わけなんよ!

 

自分が普段口にするもの
家族が口に入れるもの

 

ぜひ今一度考えてみてください^ ^

 

練りものコンシェルジュ
「いずえり」こと出野恵梨でした

  • にほんブログ村 通販ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)