おでんの味の染み込ませ方

 

朝晩がひんやりと冷える季節に
なってきましたねぇ〜

 

カラダがあったまる代表的な食べ物
といえば【おでん】

 

 

広島・草津のお好み焼き屋さんには
冬場になると

 

でっかいおでん鍋
鉄板のそばに出てきて

 

 

お好み焼きが焼き上がるまでに
おでんを食べて寒いカラダと小腹を
満たしてからお好み焼きを食べる
って店がたくさんありましたよ〜 😆 

 

このおでんの主役といえば
そう!練りもの

 

 

おでんのづくりでの困りごと
よく質問をいただくのが

 

練り物に味がしみまない

 

これね原因

 

味をしみこませようと
しっかり3・4時間
煮込んでしまう
から 😥 

 

これは全くの逆効果!

 

練りものにぎゅっと詰まってる旨味が
だぁーっと全部抜け出しちゃうんですよ 💡

 

 

なのでおでんで練りものを煮るのは
長くても20分ぐらい 😉 

 

ダイコンや人参などをしっかり煮込んで
最後に入れるくらいがベストですよ 😆 

 

 

食べやすい一口サイズの
ちぎり天をおでんに入れると

 

魚肉団子になるので
ほっくほくの美味しいおでんに
ぴったりです 😆 

 

練りものコンシェルジュ
「いずえり」こと出野恵梨でした

  • にほんブログ村 通販ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)