【旬】の由来とは??

 

さぁ夏が旬の食べ物といえば
何を思い浮かべるでしょうか??

 

夏といえば・・・
スイカ
鱧(ハモ)


トウモロコシ
鮎(アユ)

 

書いてるだけで
おなかがすいてくる(笑)

 

四季折々
旬の時期に旬のものを食べるのが
良いと言われるのは
なぜだか知ってますか??

 

例えば野菜の場合

 

旬の時期に無理なく育てるから
元気に育つ


元気に育てば
結果として栄養価が高くなり
美味しくなる 😎 

 

ということ

そしてね
そもそも
「旬」の由来は


にあることを

ご存知でしょうか??

 

「旬」という言葉は
古代からおこなわれていた
朝廷行事の一つ
「旬義」に由来しています

 

旬義とは

 

天皇によって定期的に開かれていた
酒宴のこと

 

それぞれの旬義が
開催される季節に
最もふさわしいものが
出されていました 💡 

 

例えば冬の時期には
氷魚(ひうお)が宴に登場したり
とかね♪

 

ちなみに氷魚(ひうお)とは

 

鮎の稚魚のことで
体が氷のように透き通っているから
「氷魚」と呼ばれています 💡 

 

氷魚は
釜揚げにするのがおいしいよ♪

 

さて
この旬義から派生して
「旬」とは魚をはじめとして

 

野菜や果物などの食材が
最もおいしくなる時期のことを
指すんです 😆 

 

それでは「あなご」の旬は?
というと

まさに今の時期!!

 

そして冬の寒い時期

なぜ2回も旬があるの??
というと

 

一般的に魚は
もっとも脂が乗っている時期が旬

 

だけどアナゴは
淡白な味わいが好まれる魚なので
さっぱりと食べられる夏場が旬

 

そして脂ののってる冬場も
もちろん旬なんです 😎

 

蒲焼きにして
おいしいと言われてるのが
あなごの中でも
「マアナゴ」という種類のもの

 

「いずの」で使用しているあなごも
もちろん!マアナゴです 😆 

マアナゴの中でも
体長30cmほどの小ぶりなものが
さらに美味しいと言われています

 

あなごには小骨があるからね
小ぶりのものの方が
骨が柔らかくて
食べやすいのです 💡 

 

「いずの」のあなごも
小ぶりなマアナゴ

焼き加減にも
細心の注意を払って
極上のあなごを焼きあげています 😎 

 

練りものコンシェルジュ
「いずえり」こと出野恵梨でした 💡 
<

気軽にお電電話どうぞ!9時-17時【水曜・日祝除く】 オンラインショップはこちらから
  • にほんブログ村 通販ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)