川にいるうなぎはなぜオスだけ!?あなごとうなぎの違いは??

 

新幹線や飛行機に乗ってるときに
窓から見る景色をぼーーーーっと
眺めるのが好きなんじゃけど

 

広島から東京へ
新幹線で移動する時に

個人的にグッとくる場所があって

 

静岡県浜松市にある浜名湖を
通る一瞬が大好きで!!!

 

名古屋を過ぎて數十分
トンネルばかりの景色が
ぱぁぁぁーーーっと開けて

スカイブルーの海や湖が目の前に 💡 

 

普段わたしが目にしてる瀬戸内海は
青色の海なんだけど

 

浜名湖周辺は綺麗なスカイブルー

 

広島から東京まで
4時間の新幹線での長旅が

浜名湖のあの水の色を見ると
スカッと清々しい気持ちに
切り替わるんだよねぇ〜 😆 

 

浜名湖行ってみたいなぁ〜
うなぎが有名なんだよねぇ〜


うな重大好きなんだよねぇ〜
もちろん広島のあなごも大好きだよ〜

 

ねぇうなぎとあなごの違いって知ってる?

 

うなぎとあなごって
にょろっと長細い胴体で

 

食べるときは蒲焼きにして
食べることが多いから

同じようなイメージあるよね

 

でもねそもそもあなごとうなぎは
住んでる場所が全然違う!

 

最終的に住む場所は違うんだけど
生まれる場所はどちらも実は同じ
【海】

 

生まれたあとあなごは
生涯を海で過ごすのに比べて

 

うなぎは不思議なことに
海で卵から生まれその後

 

淡水域に移動して川や湖で過ごし
メスだけがまた産卵のために
海へ帰っていくんだよね

 

しかもね川や湖にいるうなぎは
全てがオス!!!

 

なぜ川にいるうなぎはオスだけかって??

 

うなぎっておもしろい生き物で
成長する過程でオスになったり
メスになったりする
雄雌同体なのです

 

はじめに雄性生殖腺が発達するから
川にいるウナギは
全部オスなんだけど

 

海に戻ってから次第に
メスに変わるんだよねねぇ〜

 

そしてこのメスのウナギが
卵を産むと言うわけなんです!

 

そして実はあなごはうなぎと比べるともっと不思議な生き物で

 

産卵場や初期生態について
未だに詳しいことが
分かっていないんです 😯 

 

2019年
これだけ科学や研究が
発達しているのに

 

専門家が調べれば調べるほど
あなごの正体が不可思議な生き物で

 

たぶん暖かい海で生まれてるんだと思う!

 

くらいのざっくりとしたことしか
研究者でも分からないんだよねぇー

 

成長したあなごのことは
詳しく解明されてる産んだけど

あなごの生まれたばかりの赤ちゃんのことが
詳しく分からないのだ

 

なので正体のわかってるうなぎは
養殖が進んでるけど

 

正体の不思議なあなごは
養殖ができないんだよねぇぇ〜

 

ということで
今日はうなぎとあなごの雑学編でした!

 

あっ!
ちなみにあなご蒲鉾に
使っているあなごは

あなごの王様と言われてる
「マアナゴ」という種類だよ 💡 

そして本日2/1-2/14までの期間限定で

バレンタイン用ハートかまぼこを

直営店全店とオンラインショップで販売スタート!

練りものコンシェルジュ
「いずえり」こと出野恵梨でした

  • にほんブログ村 通販ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)