「しなやか」とは

 

人としてしなやかでありたい

 

見た目や所作はもちろんのこと
人との接し方や態度
心の持ち方にしなやかさを

 

どちらかというと自己評価を
超ド級の真面目人間としているので
たびたび壁にぶちあたる

 

31歳になって思うのは
正義感を
むやみやたらに振りかざすことは

いろんな人やモノを傷つけることが
多いということ

 

世の中は白と黒の
はっきりした世界ではなく

グレーの部分が多い

黒に近いグレーなのか
白に近いグレーなのか
濃さは違えどグレーで溢れている

 

でも先に進むためには
痛みを伴っても
白黒はっきりつけないといけない時
もある

 

守るべきものがあるからだ

 

現状維持は衰退
守るためには前進しかない

 

じゃあ大事なものを守るためには
どうすればいいのか

 

白黒はっきりつける強固な部分と
グレーを許容する柔和な部分を
持ち合わせる
つまりしなやかになることだ

 

周りの人たちと
対面でいがみ合うのではなく

みんながしあわせになる
方向を向いて

一緒に歩を進めたいのだ

 

柔らかいけど
ふにゃふにゃで頼りない

強いけどカチカチで味がない

 

人生山もあれば谷もある中で
芯をしっかりと通すけれども
包み込むような
懐のやらわかさを併せ持ち

しなやかに人生を生きぬきたい

 

心の底から美味しいと
わたしが思うかまぼこは

硬すぎず柔らかすぎず
ぷりっとしなやかな食感

 

そんなかまぼこのしなやかさに
行き方を学ぶ日々である

練りものコンシェルジュ
「いずえり」こと出野恵梨でした

  • にほんブログ村 通販ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)