あなご竹輪ってそもそもなに??

練りものコンシェルジュ
出野恵梨こと「いずえり」です 💡

 

生まれも育ちも広島のわたし

 

つくづく自分が
広島人だなぁ〜と思うときは

 

言葉の語尾に
「〜じゃけぇ」
無意識につけまくる時

 

お腹が空いたとき!

 

 

あぁ〜〜肉玉そばの
お好み焼きが食べたいなぁ〜 😛
「むさし」で
元気うどんとおむすびもいいなぁ〜〜 😆  😆

 

「むさし」とは
芸能人が広島へ来たら
必ずむすび弁当を
買って帰ることで有名なお店!

 

小さい頃から慣れ親しんだ味
大きく成長した今でも
自分の基準になってることを
実感しますね〜〜

 

もう一品
わたしが幼少より慣れ親しんだものが!!!

 

それがあなご竹輪

 

 

Q:あなご竹輪ってな〜に??

 

A:あなごの蒲焼を刻み、
新鮮な白身魚のすり身に
練りこんだ竹輪

 

よく質問で

「竹輪の穴の中にあなごが入ってるの??」
「あなごのすり身なの??」
と聞かれます

 

まずあなご竹輪の穴の中に
あなごは入ってません!!

 

そもそも
竹輪の真ん中に穴があいているのは
竹輪製造にとって不可欠な
「焼く」工程に関係が!!

 

 

竹輪全体へ均一に火が通るよう
パイプに生の竹輪を巻き付けて

そのパイプごと
くるくる回しながら
じっくりと焼き上げていきます

綺麗に焼きあがったら
パイプを引っこ抜いて
焼き竹輪の完成 😉 

 

 

鯛をはじめ時期によって変わる
美味しい魚のすり身
刻んだあなごを
混ぜ込んでるので
穴の中にあなごは入っていません!

 

また、あなごだけで
すり身をつくろうと思うと

すり身にするには
あなごは脂質が多すぎる
などの理由から
竹輪の形にすらならないんです

 

おからを必死に丸めようと思っても
丸まらない
そんなイメージ 🙄

 

 

Q:味はどんなの?

 

A:噛めば噛むほど
あなごの旨みが何倍にも
なってやってくる竹輪!

 


一番美味しい食べ方は、
生のままかぶりつくこと!

 

 

出野水産のあなご竹輪が
誕生したのが
平成元年

発売開始1年後ぐらい↓

 

出野恵梨が誕生したのが
昭和62年

 

この世に生まれて2年後くらい↓

 

 

つまりわたしは名実ともに
あなご竹輪と一緒に
育ってきたんです〜〜 😆  😆

 

幼少期のわたしにとって
竹輪=あなごが入っているもの!

 

今思うと
なんて贅沢な
子どもだったんだぁ〜と思います笑

 

あなご竹輪とともに育ってきた
出野恵梨が
これからも広島の練りものの良さを
伝えていきますね!!

 

 

 

 

 

 

 

  • にほんブログ村 通販ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)