道具のこだわり

 

「いずの」のかまぼこづくりで
こだわる道具とは??

 

それは石臼

 

そもそも石臼とは??

 

かまぼこの要である
すり身を練り上げるために
使用する道具

 

昔からかまぼこづくりの
要として

 

一に買い出し
二に臼(うす)
三に釜

 

と言われており

 

いい原材料の買い出しの次に
大切だとされているのが
石臼で練りあげる工程なんです 😆  

 

日々【練る】を研究していると

 

先人たちの知恵である
「石臼で練る」

重要性を実感します

 

近年では
生産性を重視して

 

素早く練り上げることのできる
機械もたくさんありますが

 

「いずの」は
昔ながらの石臼にこだわり続け
全ての商品のすり身づくりに
使用しています

 

なぜ石臼なのか

 

それは
ステンレスなどと比べ

 

石臼は熱を持たないので
すりみの鮮度が保てるから 💡 

 

同じ魚でも時期によって
弾力も違うし
鮮度も違うし

 

毎日状態が違うので
その日その日の状態を見ながら
石臼で丁寧につくりあげていきます

 

この石臼こそが
魚の旨みを逃がすことなく

 

プリッとした
弾力のあるかまぼこづくりに
欠かせない道具 💡  💡 

 

石臼で練ると
時間と手間がかかりますり
大量生産には不向きですが

 

おいしいかまぼこを
お届けするために

 

創業当時より
一貫して
すべての商品を石臼練りで
つくっています

 

練りものコンシェルジュ
「いずえり」こと出野恵梨でした

  • にほんブログ村 通販ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)