父の日のプレゼントは一緒に時間を過ごすきっかけになるものを

 

今日福屋八丁堀店に出勤したら
言付けものを預かっている
いうメモ書きが

先月FM廿日市のラジオに
出演させていただいた

パーソナリティーのヨッシーさんが

 

わざわざ
ご来店くださっていたのです 😆 

 

ちょうど昨日は
お店にいなかったので

お会いできなかったのが残念 😥 

 

何やらわたしにということで
いただいたものがこちら

な・な・なんと!!!!

 

わたしが出演させていただいた回の
音源
でした 💡 

 

実はわたくしいずえりは
過去にテレビやラジオといった
メディア出演をさせていただいた際

 

もちろん録画をするのですが
自分で自分が画面の中で
動いているのが
恥ずかしくって

 

録画だけして結局見れてないということがほとんどなんです 😯 

自分を客観視することで
改善点が見えてきて

 

次回はそこを改善するのがベストと
頭ではわかっているのですが

 

いかんせん自意識過剰なもので
見るのが恥ずかしすぎる…

 

でも今回せっかくラジオ音源を
ヨッシーさんが
届けてくださったので

 

今日はしっかり自分出演回を聞いて
改善点をあぶり出そうと思います!

 

そしてなんだか
恥ずかしいことといえば

 

父親に「いつもありがとう」と
面と向かって伝えること

普段はなかなか照れ臭くて
父親には直接伝えられない
感謝の思いを

 

来週末にきたる
父の日に伝えませんか??

父の日の真髄って
プレゼント(モノ)を

あげることではなくて

 

一緒に食卓を囲む=
一緒の時間を過ごす(コト)

 

このコトに一番の価値が
あるのではないでしょうか?

 

父親の世代だったら
自分の欲しいモノは
お金を出せば手に入れられます

 

でもいくらお金を積んでも
手に入れられないのは
家族との時間ですよね

その家族との時間を過ごす
きっかけになるのが

 

父の日のプレゼント
ではないでしょうか?

 

例えばお酒が好きなお父さんに
おつまみを送ってあげる

 

なかなか会えない距離だとしても
それがきっかけで電話で話をする

いまは空の上から
見守ってくれている
お父さん

 

父の日だからお父さんの好きだった
おつまみを買って

 

家族みんなで
楽しかった思い出話をしながら

食卓を囲む

そして
お父さんと会える距離にいるあなた

 

一緒に夕飯を食べようと
おつまみを買って帰って

 

みんなでお酒を飲みながら
なんてことない話をする

 

これらが父の日のあるべき姿
ではないでしょうか?

 

家族が集まるきっかけに
かまぼこが選ばれる

そんなことを嬉しく思いながら
今日もたくさんいただいている
父の日ギフトの準備をしています 😆 

 

練りものコンシェルジュ
「いずえり」こと出野恵梨でした 💡

  • にほんブログ村 通販ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)