瀬戸内レモン竹輪が酸っぱくなく程よい甘さってどういうこと??矛盾してない??

 

昨日投稿したブログに
このようなコメントをいただきました

 

コメントをいただき
ありがとうございます!

 

すっぱいのがレモン最大の魅力
ですがすっぱくなく程よい甘さ
味の表現が難しい食べ物なんですかね

 

矛盾のように感じるのは一度食べれば
変わるんですかねー

 

昨日のブログ一部抜粋↓

—————————————–

瀬戸内レモン竹輪

 

このレモン竹輪って酸っぱいの?

 

な~んて店頭で聞かれますが
安心してください!

 

レモンの果肉の程よい甘さ
引き出した竹輪なので

 

全然すっぱくないんですよ!

————————————————

 

 

レモンをそのまま食べると
確かに酸っぱいのが特徴です

 

レモンの加工品になると
どうでしょうか??

レモンケーキ
レモンのおまんじゅう
牡蠣のレモンオリーブオイル漬けなどなど

 

これらの食品を
召し上がっていただいたことのある方は
どのような感想をお持ちでしょうか??

 

私自身ももちろんレモンのお菓子や
レモンの加工品を
食べる機会が多々ありますが

 

酸っぱいのではなく
程よい甘さが口に広がるという
感想を持ちます

 

レモンの風味を生かしながら
甘いお菓子や加工食品として
成立されております

 

それと同じように
瀬戸内レモン竹輪も
ほど良い
レモンの甘さを生かした竹輪です

 

酸味(酸性)が強すぎると
竹輪の原材料である
魚のタンパク質を分解してしまいます

 

タンパク質が分解されてしまう
ということは

 

竹輪の弾力がなくなる
ということでです

 

レモンの風味を活かしつつ
竹輪の弾力を
楽しんでいただけるようにつくったのが

瀬戸内レモン竹輪です

 

機会がございましたら
ぜひ一度お試しくださいませ

 

練りものコンシェルジュ
「いずえり」こと出野恵梨でした

  • にほんブログ村 通販ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

3 thoughts on “瀬戸内レモン竹輪が酸っぱくなく程よい甘さってどういうこと??矛盾してない??

  1. ご回答ありがとうございます。
    レモン本来甘さはないので砂糖?で
    甘さを加えたものなんですね。
    いわゆる素材の味ではない加工された味
    レモンはどこまでいっても酸っぱいのが魅力

    こちらの質問は味を聞き弾力とか聞いてもない
    商品アピールはあまりよい印象ではないです。

    酸っぱさ 酸味が竹輪の敵なら無理に
    レモンの魅力 酸っぱさを殺してまで
    と素人的には思ってしまいました。

    看板商品のあなご竹輪より
    おいしいと自信が持てる一品ですか?
    ブームに乗って広島レモンをキーワードで
    企画された商品だと感じてしまいました。

    購入して食べてみようという気に説明では
    正直思えなかったのでごめんなさい。

    1. コメントありがとうございます。

      貴重なご意見ありがとうございました。
      皆様に愛される商品づくりに精進して参ります。

      いつもご丁寧にブログを読んでいただき
      誠にありがとうございます!

    2. すごーい!くろさんは出野水産さんのとてもファンなんですね(≧∀≦)
      なかなか辛口のコメントなんて出来ないものなのに…素晴らしい♡

      私もファンなのですが、実は看板商品のあなご竹輪より、鯛竹輪が好きで、初めて食べた時にこんなに美味しい竹輪があるんだ‼︎と感激しました。ストレート真っ向勝負の練りものやなぁ…と。
      そして、私の2番目のオススメはレモン竹輪です☺︎おっしゃってるように、一度召し上がられたら印象変わるかもです!(でも、八朔大福が苦手ならお好きじゃないかも…)

      なかなかブログにコメントなんて出来ないけど、勇気をもらってコメントしてみましたー。
      いずえりさん、あなご竹輪が嫌いという訳では決してないです!!すみません…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)