ぼたん竹輪ってどんな竹輪??

 

寒い時期に食べたいものといえば
「おでん」

そして
おでんに入っている練りものいえば
「竹輪」

 

そしておでんの中の竹輪といえば
この模様を思い浮かべる方が
多くいらっしゃると思います

特に煮物やおでんに
入れることの多いこの竹輪

 

名前を「ぼたん竹輪」
といい東北地方が発祥の地

この特徴的な模様は
竹輪を焼く時に
膨らんだ部分が
焦げ目となって

 

大きな斑点模様が
表面にできるのです

 

またデンプンが多めに
含まれていることが多いので

煮ても固くなり難いことから
煮物やおでん用として
需要が高い竹輪なんですよ 💡 

 

 

そもそもなぜ
竹輪は煮物やおでんに
必ずといっていいほど入っているのか?

 

煮物やおでんのかくし味として
竹輪は欠かすことのできない食材です!

 

なぜなら、野菜と一緒に煮ることで
白身魚に含まれる
グルタミン酸などといったうまみ成分が

溶けだすからです

 

一番効率のよく
旨みが染み出る竹輪の切り方は

 

斜め切り

 

切断面が広ければ広いほどgood!

 

練りものコンシェルジュ
「いずえり」こと出野恵梨でした

  • にほんブログ村 通販ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)