お好み焼きの前身/一銭洋食

 

すっかり過ごしやすい気候ですね〜 💡

 

外でスポーツするのも良いし
BBQしても気持ちがいい!!

 

昼間にしっかり
体を動かした後に食べる夜ご飯が

これまた体に染み渡るほど美味しい♪

 

広島で生まれ
広島で育った私自身のことを
根っからの広島っ子やなぁ〜と思うのは
2週間に1回は
お好み焼きを食べたくなるんですよね〜

オタフクソースがたっぷりかかってて
マヨネーズとガーリックパウダーを
かけて食べるのが好きです

 

そんな広島に根付くお好み焼き

 

10月10日が
お好み焼きの日って知ってた??

 

ジュー月ジュー日

 

お好み焼きを焼くときの
「ジュージュー」という音とかけて
10月10日はお好み焼きの日

 

実はお好み焼きの前身である
一銭洋食って食べ物が
戦前戦後の広島では食べられていました

 

今のお好み焼きと似てるんだけど
実は入っている具材が違うんですよ

 

豚バラ肉が高かった時代
一銭洋食には
竹輪やかまぼこを切ったものが
必ず入っていたんです

 

その名残から
かまぼこ屋の多い広島・草津の
お好み焼き屋さんでは

 

お好み焼きの中に
竹輪やかまぼこが入ってるところも

多かったんです

 

まさに地産地消ですよね 💡 

 

練りものコンシェルジュ
「いずえり」こと出野恵梨でした

  • にほんブログ村 通販ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)