オイスターバーでの牡蠣の通な頼み方

 

広島名産といえば
1番に声が上がるのが「牡蠣」

 

ぷりっぷりに身を膨らませた
広島産牡蠣はみんな大好きだよね♪

 

全国で生産されている
牡蠣の58.2%が広島産で
生産量全国1位!!

 

広島の牡蠣は
身が殻の割に大きく
ぷりっとした濃厚な味わい
といわれています

 

牡蠣の旬は10月~2月
近年では夏に水揚げする
夏牡蠣なども登場し
1年中美味しい牡蠣が
食べられるようになりました♪

 

広島のかきとして
みんなが知ってる「かなわ」さん
の生牡蠣は

夏でも食べられるのよ♪

 

現在食用として
出回っているものの大半が養殖で
日本では約500年前に
広島で初めて行われたと
いわれています

 

広島県で牡蠣の養殖が盛んなのは
以下の理由より
自然環境が牡蠣の養殖に
最適だから

 

◎広島湾は島々に囲まれ
波穏やかで潮の流れが適度にある

◎水温変化がしっかりある
◎ほどよい塩分濃度
◎豊富なプランクトン

 

以上の理由から
非常に恵まれた環境で育った
広島の牡蠣はすくすく育ち

広島の名物となったのです

 

オイスターバーで牡蠣を頼む時は
「ダース単位」で頼むのが
通の頼み方

 

↑かなわの社長さんと副社長さんが
教えてくれたよ♪

 

生牡蠣を頼むときに
1個単位で頼めるところも
もちろんありますが

1ダース(12個)単位で注文するのが
基本♪

 

かなわさんの牡蠣は
広島駅北口のekieでも楽しめます

 

いずののがんすも
同じekieで楽しんでいただけます♪

 

練りものコンシェルジュ
「いずえり」こと出野恵梨でした

  • にほんブログ村 通販ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)