瀬戸内冬の味覚・でびらの美味しい食べ方

 

瀬戸内・広島の冬の味覚の
一つが「でびら」

「でびらガレイ」や「でべら」とも
呼ばれています 😆 

 

東の方にはあまりいない魚なので
どうやって食べるの??
と店頭でよく聞かれるので
今日は美味しい食べ方を♪

 

でびらの美味しい食べ方

 

でびらの真ん中には
硬い骨があるのでその骨を
木づちや包丁の背で叩いていただくか

 

骨に沿って何箇所か手で
ポキポキっと折ってください

 

骨を砕いた後は
魚を焼く網で
両面を軽く焼くだけ!!

 

焼いていくうちに
だんだん表面がぷくっ〜っ
膨らんできます 💡 

 

そのふくらみが
出来上がりのサイン!!

 

頭をちぎって
身と骨を開き
骨を取り除きながら
召し上がっていただくのが

一番スタンダードな食べ方 💡 

 

中には
骨を砕いた後に
そのまま油で素揚げをすると
骨までパリパリっと
おせんべいのようになり

これまた美味しく
お召し上がりいただけます♪

もちろん
普通のお魚を煮るように
醤油と砂糖・みりんで煮てもGOOD

 

今が旬のでびら!
ぜひ広島でお見かけされた際は
お試しくださいね 💡 

 

「いずの」直営店でも
でびらのお取り扱い中です

 

練りものコンシェルジュ
「いずえり」こと出野恵梨でした

  • にほんブログ村 通販ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)