佐賀さんからいただいた 絹でできた5本指の靴下

 

この時期に
本社で現場に入る時には
白衣の下に
たくさん重ね着をします

 

要冷蔵商品を扱っているので
包装現場は暖房などを
入れられないのです

 

事務所は暖かいんだけどね〜

 

寒いのならば
厚着をするのみ!!

 

ヒートテックの靴下を履いて
その上からヒートテックの
レギンス履いて

タイツを履いて
ズボンを履く

 

最後に白衣を着る

 

実はわたしがげん担ぎのように
大事に大事に履いている靴下が
一足あるんです

 

鈴廣かまぼこさんの
伝統製造課でお世話になっている時に
お世話になった方の一人

 

佐賀さんからいただいた
絹でできた5本指の靴下

 

当時わたしが寒さで
唇が真っ青だったらしく

優しい佐賀さんは
これを履きな〜あったかいよ〜
とくれたんです

 

かまぼこづくりの国家資格
一級技能士である佐賀勝男さん
彼が蒲鉾をつけている様子や
仕事に対する姿勢を
いつも横について
学ばさせていただいていました

 

休日になると
飲みに誘ってくれて
蒲鉾談義に花を咲かせてくださる方

 

今でも小田原へ行った際は
飲みに連れて行ってくださいます

 

そんな恩師である
佐賀さんからいただいた靴下は

大事な時に履く勝負靴下!!!

 

大事な時が多かったのか
いただいてから7年も経ったからなのか
穴が空く寸前ですが
捨てることができず
今でも大事な時には履きますね 💡 

 

「誰からいただいたものなのか」
げん担ぎにはこの要素が
大きな一役を
担っているような気がします

 

あなたの大切なげん担ぎの品は
なんですか??

 

練りものコンシェルジュ
「いずえり」こと出野恵梨でした

  • にほんブログ村 通販ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)