学生時代にやりたいことが見つからなくても焦らなくて大丈夫だよ

 

高校3年生の時の同窓会が
毎年この時期に開催されるんです

 

担任の先生も毎年参加してくれて
20歳ぐらいの時から
途切れる事なく続いている
楽しみな行事

 

毎年幹事をやってくれてる
Rちゃんのおかげです!!

 

広島に居なかった時期も長いので
参加できなかった時も多いけど
ここ3年は毎年参加 💡

 

中高時代はほとんど喋った事なかったけど
同窓会をきっかけに
仲良くなった子も居て
不思議な縁だなぁ〜
なんて考えますね

 

そして高校時代(大学時代も)
どんな30代になっているか
想像すら難しかったけど

 

当時には想像できなかったような
自分の納得のいく日々が過ごせてる
30代を謳歌してるよーーー!!!
と当時の自分に言ってあげたい 💡

 

たまに友達たちとの会話で
過去に戻ってみたい?
未来に行ってみたい??
って話をするときがあるんだけど

 

私の場合は
絶対に未来がいい
というか過去には戻りたくない

 

今も見えている範囲が
諸先輩方と比べると
まだまだ狭くてガキだなって
言われることが多いんだけど

 

学生時代なんて
自分見えてる範囲なんてもっと狭くて
息苦しいように感じてて

 

歳を重ねるごとに
ぶち当たる問題も大きく複雑になっていくけど
のびのびと生きやすくなったなーー
嬉しいなーーーーと実感しています

 

だから何が言いたかったかというと
何をしたいか分からないと
思ってても大丈夫!!
私も学生時代同じだったから!!

 

じゃあ何がきっかけで
やりたいことが見つかったかというと
「蒲鉾の世界」と再会したこと

 

もちろん実家が蒲鉾屋なので
小さな時からわたしにとっては
当たり前に身近にある世界だったんだけど

 

大学を卒業後広島に帰ってきて
改めて蒲鉾の世界を覗いた時に
やっぱり中で働いてる人たちが
かっこよかったんだよね
男女ともに

 

もちろんどんな職業でも
自信と誇りを持って
働く方々ばかりだと思うけど

 

たまたま京都から
広島に帰ってきたタイミングで

自分も蒲鉾の世界に入りたい
と強烈に思ったんだよね

 

だから
タイミングが来たら
何がやりたいことかって
ビビっとくるから
心配しなくても大丈夫だよ
ということを伝えたかった!!

 

深夜に書くと
ポエミーなブログになるな笑

 

明日の朝読み返すと
恥ずかしくなるんだろうな笑

 

練りものコンシェルジュ
「いずえり」こと出野恵梨でした

  • にほんブログ村 通販ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)