あなご竹輪やあなご蒲鉾・がんすって何?

 

直営店のひとつである
広島駅新幹線改札内の銘品館店の
リニューアルオープンが
11月20日ということで
慌ただしい毎日を過ごしています

 

連日打ち合わせが多いのですが
体は全く疲れていないのに
脳内はヘトヘト

 

甘いものを食べて
乗り切っております♪

 

今日はリニューアルオープン時に使う
主力商品の説明文を考えていました

 

ここから校正していただくのですが
こっそりこのブログに
校正前の文章を載せちゃおう⭐︎

 

あなご竹輪

あなご竹輪とは
あなごの蒲焼きを細かく刻み
白身魚のすり身に混ぜこみ
焼き上げた竹輪です。

 

噛めば噛むほど
後味にあなごの旨味が出てくるので
じっくり味わっていただきたい一品。

 

一番美味しい食べ方は、
そのままガブリっと
かぶりついていただく食べ方。

 

または刺身のように
わさび醤油につけて
お召し上がりくださいませ。

 

世界遺産としても
登録されている「宮島」で

あなご竹輪の販売はスタートしました。

 

出野水産は蒲鉾屋なので、
練り製品を通して
あなごを楽しんでいただきたい。

 

この思いからあなご竹輪は誕生しました。

 

あなご蒲鉾

 

広島で好まれるあなごの大きさは、
小ぶりのもの。
その理由は「焼きあなご」。

 

生のあなごを
時間をかけて焼き上げることで、
香ばしく食感の良いあなごを
楽しんでいただけます。

職人が一枚一枚
丁寧に焼き上げた焼きあなご を、

 

喉越しの良いかまぼこに
贅沢にのせたのがあなご蒲鉾です。

 

蒲鉾が一番美味しく食べられる厚さは
12mm。

 

少し厚めですが、
ぜひ12mmに切って
お召し上がりくださいませ。

 

まずはあなごの旨味が
口の中にダイレクトに広がります。

 

噛みすすめると、
ツルッと喉越しよく
召し上がっていただけます。

 

白焼きあなご蒲鉾

 

うなぎに白焼きがあるということは、
もちろんあなごにも白焼きがあります。

 

あなご本来の旨みを
楽しんでいただけるのが、
白焼きの醍醐味です。

 

日本酒をかけながら
焼き上げたあなごの白焼きを
蒲鉾の上に贅沢にのせてます。

 

わさび醤油はもちろんのこと
スダチを絞り、藻塩をつけて
お召し上がりください。

 

あなごの白焼きの旨味と
蒲鉾の喉越しを楽しんでいただけます。

 

がんす

がんすとは魚のすり身に、
玉ねぎやピリ辛唐辛子を混ぜ
パン粉をまぶして揚げた
コロッケのようなものです。

 

薄いカツレツのような食感です。

 

まずは何もつけずに
そのままお召し上がりください。

 

広島の飲食店では、
お好みソースやマヨネーズ
生姜醤油につけて
食べさせてくれるところ も多いです。

 

練りものコンシェルジュ
「いずえり」こと出野恵梨でした

  • にほんブログ村 通販ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)