いずの福屋八丁堀店について

 

私の大好きな芸能人の一人
星野源さん

 

その星野源さんの
ラジオ
放送作家をしている中に
寺坂直毅さんという方がいらっしゃいます

 

この寺坂さんという方
デパート・百貨店が大好きで大好きで
時間が許せば
全国の百貨店を訪れ
愛でていらっしゃるそう

 

その寺坂さんは
広島を本店に構える百貨店
「福屋八丁堀本店」のことが大好きだと
あるメディアで話していました

 

百貨店で象徴的なものの一つに
「エレベーターガール」があります

 

お客様用エレベーターの中で
操作&案内してくれる方

 

その方をエレベーターガールと呼ぶのが
今の時代的に良いのかどうか
よくわかりませんが。

 

福屋八丁堀本店では
エレベーターガールの方が
日々案内を行ってくれている

 

百貨店らしいその姿に
寺坂さんは福屋八丁堀店が
大好きだと話されていました

 

今年で創業90周年を迎える
福屋八丁堀本店

 

その歴史ある百貨店に
売り場として出野水産のお店を
構えさせていただいて
丸5年と数ヶ月が経ちました

 

小田原鈴廣さんから戻ってきたのが
2014年4月

 

その1年後2015年の
4月にいずの福屋八丁堀店が立ち上がり
店長としてお店に経ち続けました

 

新規オープンスタッフとともに
ここの店を立ち上げたので
自社の商品についてや
その他諸々を覚えてもらうまで

 

スタートしてから数ヶ月は
開店から閉店まで
休みなしでお店に立つ日々でした

 

心に余裕のない時には
感情に任せて
なぜ私と同じようにできないのかと
スタッフにキツイ言葉を投げ
怒ったまま帰宅

 

家に帰って冷静になると
自分自身だって至らない点ばかりだし

 

私のクローンになって欲しいのではなく
その人の個性を尊重して
その人らしく仕事をして欲しいのに
なんてひどい言葉を投げたんだ
と大後悔

 

今でもどちらかというと
はっきりとした性格だと
自負していますが

 

立ち上げ当初の20代中頃は
今の何倍もトゲトゲしていたなぁと
今思い出しても苦笑いです笑

 

それもひとえに
ご来店くださる一人一人に
「いずの」で買い物してよかったな
「いずの」で贈答品を頼んで
やっぱり間違いなかったね
と満足していただきたい一心

 

こじんまりとしたお店ですが
組織を一からつくること
館内の方とのコミュニケーション
お客様と一から関係を築くことetc

 

たくさんのことを
いずの福屋八丁堀店の店長として
学びました

 

お客様に厳しいお叱りを受け
不甲斐なくてただただ情けなかったこと

 

お客様にお礼の手紙をいただき
スタッフ一同で飛び上がるほど
喜んだこと

 

良いことも厳しいことも
経験させていただきました

 

そんな大切な
いずの福屋八丁堀店ですが

実は今月末8月31日で
営業を終了させていただきます

 

大きな理由としては
一緒に働くスタッフの働き方
そして私自身の仕事の在り方を
社長と何度も話し合いをし

 

苦渋の決断ではありますが
8月31日で閉店とさせていただく
運びとなりました

 

私たちいずののスタッフのいる
売り場は終了しますが

 

9月以降も
福屋さんではお歳暮やお中元ギフト
そして慶弔ギフト等で
お詰め合わせを
お取り扱いいただく予定ですので

引き続きどうぞよろしくお願いいたします

 

私自身広島市民として
福屋さん愛好家なので
お客としても引き続き
お買い物しに行くので
頻繁に福屋さんへは
これからも通い続けます♪

 

あと数ヶ月すると
広島駅新幹線改札内の
銘品館店も
新しくリニューアルオープンする
予定です

 

そちらの準備や
いつも通りekie店・銘品館店の店頭に
いることもありますし

 

どっしり腰を据えて
新たな挑戦に向かいますので
どうぞ引き続き

よろしくお願いいたします!!

 

株式会社 出野水産
企画推進 出野恵梨

 

  • にほんブログ村 通販ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)