RCCアナウンサー横山雄二さんの「ふゆさとは本日も晴天なり」を読んで

 

昨年末
友達達と忘年会をしている時に
「最近読んで一番感動した本」
の話になったんだよね 💡 

 

教えてもらったその場で
アマゾンで即購入!

 

したんだけど
お得意の積ん読(つんどく)を
やってしまい

先日長時間新幹線に乗った時に
全部読みきった本が

 

広島中国放送RCCテレビの
アナウンサー

横山雄二さんの自伝
「ふるさとは本日も晴天なり」

(画像はAmazonさんより)

 

久しぶりにあんなに大号泣しましたよ!!!!

 

何か壁にぶち当たった時
天狗になって調子に乗ってしまった時

自分のやりたい事と
まわりに求められてる事に
大きなギャップが生じた時

 

そんな困難に直面した時に
何度でも読み返したい本です

 

自分の人生の主役は自分自身で
人生は一度しかないんじゃけ
遠回りしても失敗したとしても
自分の納得するように生きていきたいと
この本を読んで改めて思いました

 

納得するように生きるとは

決してわがままを通しきるわけでも
我慢をしないという意味でも無くて

 

自分の芯を真ん中にちゃんと持っていて
まわりの環境や情勢に柔軟に対応する

 

わたし自身結構遠回りをして
今の自分がある自覚がありますし

 

出会った人たちに揉まれて
磨いてもらって
自分も磨く努力をして

 

人は人と出会う事で
成長させてもらってるなぁと
つくづく実感します

 

人と喋るのが好きだから
たまにでしゃばりすぎて
反省することも

多々ありますが笑

 

練りものコンシェルジュ
「いずえり」こと出野恵梨でした

  • にほんブログ村 通販ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)