1月にかける「熨斗」(のし)の種類は??

 

先週末は成人式でしたね 💡

普段利用する最寄駅のすぐ近くが
成人式の会場だったので

 

キレイに振袖を来た子や
ピシッとスーツで決めた子が
楽しそうに会場に向かっている様子を
見かけました♪

 

わたしが成人式を迎えた時は
人生でピークの食べ盛りだったので笑
まんまるにふくらんだ顔で
友達たちと楽しそうに写ってる写真が
残っています 😆 

 

さて1月も3週目に入り

 

今の時期に季節の熨斗をつけるとしたら
なんの熨斗がいいの??

 

とご質問をいただいきました

 

元日〜1月7日
送る贈答品には
「御年賀」の熨斗をつけます

 

ただし松の内があける1月8日からは
御年賀ののしをつけると
失礼にあたります

 

(ただし地域によっては
松の内が1月15日までという
場所もあるのでご注意くださいませ)

 

松の内をあけると
どの熨斗?

 

松の内があけてからは
【寒中御見舞い】

 

 

期間としては
松の内が明けた1月8日〜
立春である2月4日までの間に

 

かける季節の挨拶としてののしが
【寒中御見舞い】なんです 😆

 

-おまけ-

 

贈り物を送りたい時に
知っておくと役に立つのが
ラッピング(包装)の仕方です


 

練りものコンシェルジュ
「いずえり」こと出野恵梨でした

  • にほんブログ村 通販ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)