鉄板焼きと練りものは相性抜群!

 

昨日は修道大学で授業が終わった後
川原先生に連れて行っていただき
東広島にあるSteak Goemonさんで
鉄板焼きのコースメニューを
いただきました 💡

 

し か も !!!
全てのお皿に
練り物を組み込んでいただいた

スペシャルメニュー 😆

シェフのテーブルの上には
鯛ちく・あなご蒲鉾・そしてちぎり天

 

鉄板焼きのコースに
どのように練りものが組み込まれるのか
ワクワクしながら待っていると
まず一品目はサラダ

一口大に切った鯛ちくと
ちぎり天を鉄板で焼いていただき
サラダの付け合わせに♡

 

しっかりと冷えた野菜と
鉄板で焼かれた練りものの熱さが
絶妙でした 💡

 

次はスープ

白焼きあなご蒲鉾が
しっかりと鉄板で焼かれています

 

そして出てきたのが
こちら!!

ムール貝のクラムチャウダーに
白焼きあなご蒲鉾が!!!

 

クラムチャウダーと
白焼きあなご蒲鉾が
めちゃくちゃ相性抜群!!!!

 

碗物にしんじょを入れるのが
日本文化であるように

 

洋風クリームスープに
白身魚の蒸し物が入っていても
違和感なし!!!

 

本当に相性抜群!!!

お次は卵とチーズ、マヨネーズに
鯛ちくが入った物!!

 

食べる前からおいしいのが
わかるやーーつーーー!!

お気づきでしょうか??

 

スープまでは水を飲んでいましたが
ここからビールに飲み物が
切り替わっています笑

 

ビールが進むやーーつーー!!

お次はメインのステーキ!!

 

付け合わせの野菜の横で
あなご蒲鉾が焼かれています

 

オーナーさんが
教えてくださったのですが

お肉のお皿に魚がのっているのは
10年前までは
あり得ない行為だったとのこと

 

肉の皿には肉だけ
魚の皿には魚だけ

 

1つのお皿に乗せると
上司からゲキが飛んでくるほど
非常識だったそうですが
今ではだいぶ緩和されたんだって

 

なのでステーキの付け合わせとして
蒲鉾が乗っていても大丈夫とのこと♡

ちなみにお皿の端に乗っている
ピンクのマスタードは
カシスマスタード

 

お肉にも焼かれたあなご蒲鉾にも
マッチしていて
サイコーでした 💡 

 

最後に
素敵なメニューをつくってくださったのは
Steak Goemonのオーナー
かも社長

クリエイティブ精神に溢れる
職人さん

 

鉄板焼きとかまぼこって
メインの付け合わせにもなるし
スープにも入れられるし
相性抜群ということを
教えていただきました 💡 

 

練りものコンシェルジュ
「いずえり」こと出野恵梨でした

  • にほんブログ村 通販ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)