7月5日は「あなごの日」

あなごの日ってな〜に?


出野水産 企画・広報の出野恵梨です。

7月に入り
デパートやコンビニで見かけるのは
土用の丑の日用のうなぎの宣伝

 

土用の丑の日にうなぎは有名ですが
実はあなごの日があることはあまり知られていないのが現実です

そもそもあなごの日ってな〜に?

こちらについて本日はお答えいたします

  • なぜ7月5日なの?

これは語呂合わせからきています

あなごの七(な)と五(ご)で7月5日

 

あなごの旬はまさに今から!
ぐんぐんと暑くなり夏に向かっていくこの時期こそがあなごの旬

語呂合わせと旬を加味してのあなごの日なのです

  • あなごの栄養素

次によく聞かれるのが うなぎとの違い

よく知られているのは
うなぎよりもあなごの方がさっぱりしていることですね

これは大正解!

 

あなごの脂肪分はうなぎの約半分と非常にヘルシー
それに加え、あなごはうなぎと同等の栄養価も兼ね備えている優れもの♪

特に抜きに出ているのは

ビタミンAの豊富さ!

あなごを100g食べれば1日分のビタミンA必要量をほぼ満たすと言われています
ビタミンAは目の働きに効能があり
スマホやデスクワークで目を酷使している現代人には
うってつけ!

 

スマホやパソコン画面の見過ぎで頭痛に悩まされてる、そこのあなた!
頭痛薬を飲む前に、まずあなごを!

 

さらに代謝を助けるビタミンB
コレステロール値をさげ、中性脂肪を減らすEPA
骨を強くしてくれるカルシウムなど栄養満点なあなごです

脂質が少ない上に、栄養満点とはなんて魅力的なんでしょう〜

いずののあなご蒲鉾のあなごは
毎日職人が手焼きでじっくり時間をかけて焼いているので
あなごの臭みもなく、ジューシーな味わいを楽しんで頂けます。

そしてあなご竹輪は、あなごの蒲焼を細かく刻み
新鮮な白身魚のすり身に混ぜ込み
丁寧に焼き上げています。

噛めば噛むほどあなごの香ばしさを楽しめる竹輪です。

 

ぜひ今年は7月5日にあなごを

土用の丑の日にうなぎを食べて

夏の暑さを乗り切りましょう!

 

  • にほんブログ村 通販ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)