お父さん・お母さん 子供の味覚をダメにしてませんか?

練りものコンシェルジュ
出野恵梨こと「いずえり」です 💡

 

出野水産の本社の近くには
かまぼこ屋がずらずら~っと
並んでいます 😛

そのひとつが
みなさんがご存知
カニカマを世界で初めて
開発した
大崎水産

 

大崎水産のフィッシュスチックは
日本のみならず
海外でも広く愛されており

 

 

海外で「すり身」というと
「カニカマ」のことを指します

たとえばパリなどでは
カニカマ入りのサンドイッチが
健康でオシャレなものとして
ブームにもなっています!

 

そんなブームの火付け役である
大崎水産の社長

 

大﨑さんが
会長を務める
広島蒲鉾組合青年部が
主体となって

 

毎年11月ごろに
草津のかまぼこや数件で
工場見学を行います

その際に
子供たちが口をそろえて言うこと

 

「かまぼこって
本当はおいしいんだ!!」

 

かまぼこが嫌い!
という方の多くは
本当においしいかまぼこを
食べた経験がないだけで
食わず嫌いな方が大半です

なので工場見学に来て
できたてのあなご竹輪を試食した
小学生たちは
口々に

「かまぼこって本当はおいしいんだ!!」
と目を輝かせて
帰っていくことが本当に多い!

 

お子様を育てられている
お父さん・お母さん!

 

味覚の発達は
3歳までにほぼ決まり
その後10歳~15歳までに
終わってしまうと言われています

 

なので小さい時にこそ
お子様にはおいしいかまぼこを
食べさせてあげてくださいね♪

 

好き嫌いのない
確かな味覚を持つように
食事に気をつけてあげてください 💡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • にほんブログ村 通販ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)