釣りのスポット草津港

釣りのスポット草津港


出野水産 企画・広報の出野恵梨です。

出野水産のある、広島市草津は、昔より漁港として大変栄えております。

 

出野水産の屋号である「どてしん」。
この由来も、目の前の海を土手(どて)から眺める、しんたろう(創業者)から
市場で魚を買い付ける際は、札にどてしんと屋号がつきます。

 

現在も商工センターという名で、商業や工業さまざまな企業が軒を連ねています。
その商工センターにある、広島中央市場のわきにあるのが【草津港】

ここでは、春夏秋冬 年中多種の魚が釣れることから、
平日は夕方から休日は朝からたくさんの釣り人でにぎわっています。

ざっとあげるだけで、以下の魚種が季節に合わせて釣れるようです。

春:メバル、チヌ(黒鯛)
夏:キス、スズキ、たこ、チヌ、あなご
秋:ハゼ、アジ、コウイカ、アオイリイカ、太刀魚、サヨリ、イワシ、たこ、チヌ
冬:かさご、カレイ、メバル

 

草津港の目と鼻の先には、「かめや」釣具店の大きな店舗があるので
地元の人のみならず、遠方からも釣り好きの人たちが訪れます!

 

私も、チヌ(黒鯛)やキス、あなごを釣り上げたことがあるので
ぜひ草津港へ遊びに来てみて下さいね♪

  • にほんブログ村 通販ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)